ヴァイオリン考察ブログ

Musikerらくだのヴァイオリンに特化したブログです。

【弦】ゴールドブラカットの3種類を比較!

らくだです。

 

 

寿命が短いヴァイオリンのE線。僕は頑張って1本を2週間は使ってます。あ、頑張っているのは僕じゃなくて弦ですね。

 

頻繁に替えるからこそこだわりたい!

自分の楽器に合う弦を知りたい!

 

 

 

ということでゴールドブラカットの3種類を買ってました。果たして僕の相方ヴィットリアに合う弦はどれなのか?!

 

YouTubeでも紹介しています。

 

E線を弾き比べ!【ゴールドブラカットプレミアム】 - YouTube

 

 

f:id:showtogashi:20190802194727j:image

左が24カラットゴールドというもの、右がBrassed Steelです。

単純な「Steel」というのもあります、パッケージ捨ててしまいましたすみません。

 

24カラットゴールドとBrassed Steelは金色、Steelは一般的な銀色です。

 

では実際に比較します。

 

まずはSteelです。

f:id:showtogashi:20190920155525j:image

長持ちするらしいです。

弾いてみた感想は、かなり良い!パワフルさがあって、ヴィットリアにはいい感じでした。音がパーンと飛んでいく印象です!お値段は500円です。安い!

 

 

次はBrassed Steel。

f:id:showtogashi:20190802194653j:imagef:id:showtogashi:20190802194657j:image

柔らかみ、落ち着きがあるイメージでした。ただ僕の楽器ヴィットリアは元々柔らかさ、優しさを備えた母性あふれる女子(?)なのでちょっと音が控えめになりすぎてしまいました。

こちらは1本税抜き500円です。

 

そして最後は24カラットゴールド。

Steelより輝きはないけれど、控えめすぎない音色で、品のある感じです。

色はBrassed Streel同様に金なのでオシャレです。お値段は1本1000円ほどです。

 

 

まとめると、ヴィットリアに合うのはSteelでした。

 

しかしパワフルな楽器の場合はBrassed Steelがいいかもしれません!

 

皆さんもぜひ試してみてください!

 

 Brassed Steel

 

 

 

24カラットゴールド

 

 

Steel

 

〜それではごきげんよう